村収益をあげよう

村収益を上げるために考えることを、簡単かつ優先すべきことから順番に書いてみます。

収益発生の仕組み

村に施設を建てる

まずは村に収益源となる施設を建てる必要があります。武器屋とか防具屋とかです。

武器屋Lv1の場合、利用料0.33の利用可能人数20と書かれているかと思います。武器屋の訪問客が1人いれば1T(ターン)あたり0.33ゴールドの収益が発生し、20人まで武器屋を利用することができる、という意味です。

施設情報の下側に表示されている「さすらい人、冒険家……詐欺師、海賊」に該当する客が合計20人いればフル稼働して20*0.33=6.6G(ゴールド)を毎ターン生んでくれるわけですね。

もちろん施設は客がいないと意味がありません。

ダンジョンを建てる

なので客を呼ぶためにダンジョンを建てましょう。

フィールドを探索すると、たまにダンジョンが出てくることがあります。
ここで占拠を選んで防衛戦力に勝利するとダンジョンが自分のものになり、ダンジョンを好む客が外部からやってきて、村の施設を利用しお金を落としてくれます。その稼ぎが領主たるプレイヤーの収入になるわけです。

占拠済みのダンジョンの詳細画面では右下に配置モンスターという枠があるはずです。ここをタップするとモンスター配置画面に移行します。とりあえずなにか適当にモンスター(探索時に出現し、勝利すると捕獲できることがある)を入れてみて、更に詳細情報ボタンを押しましょう。

上部に5つの枠が並んでいると思いますが、一番右はそのダンジョンそのものが呼ぶ客のリストで、中央3つは配置したそれぞれのモンスターが呼ぶ客、一番左はそれらの合計値を表しています。

左上にある訪問者数は、左に現在の訪問者候補の合計、右にそのダンジョンのキャパとなっています。キャパ以上の場合は訪問者合計リストの一番下から余剰人数分だけカットされ、実際に訪れるのはキャパ人数分のみです。

ダンジョンで呼んだ客が村を訪れ、施設を利用してお金を落としたものが領主たるプレイヤーの稼ぎとなります。

村にメンバーを配置する

村には配置メンバーをセットすることができます。

メンバーはそれぞれスキルを5つ持っていますが、中には「OO(施設名)の収益をO%上昇させる」「OOの供給量(利用可能人数のこと)をO%上昇させる」といった効果があるものがあり、これらのスキルを活用すると単純な「人数*利用料」以上の収益を出せるようになります。最初は深く気にせず村スキル持ちをテキトーに置いとけば十分です。「O属性ダンジョンでの産出量をO%上昇させる」などのダンジョンスキル持ちメンバーの場合は、村に置いても何の意味もないので置かないようにしましょう。

またメンバーに持たせる装備にも収益/供給オプションが付いていることがあり、こちらも収益に影響します。どの装備がいいかは村の状態によって様々に変化しますが、とりあえずは全施設の供給増加装備、例えば高級荷車(伝説)や紅の一輪車(古代)、黒霊木担い棒(希少)などを持たせておくと無難です。

収益を上げるには

村Lvを上げる

最も有効なのは村Lvを上げることです。

Lvをあげるとより高収益な施設が建築可能になりますし、何より土地が増えるため大きく収入が上がります。増えた土地には基本的に新しい施設をどんどん建てていって構いません。

施設Lvを上げる

基本的に、施設に対する訪問客数は利用可能人数よりも多いはずです。

施設Lvを上げると利用可能人数が増え、例えばLv1で20人であった武器屋ならLv2で24人、Lv10で60人が利用可能になります。利用料は変化しませんが、最大人数が増えることで実質的に収益の上限が上がることになります。

ただ、優先度は村Lvのほうが上です。施設強化にもそれなりにお金や素材がかかるため、施設を上げすぎて村を上げる資源がないなんてことにはならないようにしましょう。

メンバーを強化する

メンバーのスキル効果はステータスによって増幅されるため、メンバーのレベルや凸をあげるとスキル効果が上がって収益に繋がります。特に全スキルが開放される伝説までの進化は優先しましょう。もちろん補正の基礎値となるスキルLv上げも重要で、大きな影響があります。

神話化やレベルアップ、限界突破、爵位でも収益は上がりますが、投資の回収期間に注意する必要があります。諸条件によって変動するものの、神話150Lv+5程度までならおおむね1ヶ月程度で回収できます。しかし神話200Lv+10までいくと回収に3ヶ月はかかり、爵位上げまで手を出し始めると年単位で、下手すると10年以上が必要になります。爵位上げは実質回収不可能と考えていいでしょう。

ランキング上位になることが目的なのであれば回収期間を無視して爵位上げもせざるを得ませんが、純粋な増収を期待しての投資なのであればどこまでで止めるのかの見極めも重要になります。神話+10凸は一応回収できまる可能性が高いですが、村Lvや戦闘メンバー育成などが終わりきっていないのであればそちらを先にやったほうが結果的に増収につながることもあります。全体のバランスも考えて行いましょう。

装備を整える

高ランクの装備ほど能力も強いため、増収に繋がります。

ただ、遠征で手に入る伝説装備そのまままでならいいのですが、神話装備製作や、伝説装備凸に手を出し始めると投資回収は絶望的になります。こちらも強化する目的をよく考えてやったほうがいいでしょう。不滅装備は中途半端なので作らないほうが良いです。

伝説装備であれば、基本的には全体供給の高級荷車を全員に持たせておけば問題ないです。ただしメンバーの運搬値が高いと収益スキルが、生産値が高いと供給スキルが強化される特性があるため、供給スキル持ちには生産装備のハロークロックかエメラルドパイルをもたせたほうが高収入になる場合もあります。持ち替えさせて試してください。

他のメンバーや村の施設、来訪者などの状況によって変動するため、このキャラには必ずこの装備が良い、といったものはありません。ダンジョンやモンスター配置を変えると最適装備も変わってしまうということもあります。

またこちらのページにあるように予想収益はかなり雑なので、強い装備を正確に選びたければ予測収益は当てにせず、各施設の収益を自分でメモして足し算する必要があります。

神話装備を作るのであれば、最終的にはカーニバルクリムゾンや加速打撃棒が強いです。ただ、凸ってメンバースキル補正を上げないとイマイチなので、手っ取り早く収益を上げたければ奏楽のシタールシャベルも向いています。特にカーニバルクリムゾンは主力となるアリンとのシナジーもあって強力。

精錬することでも収益を上げることができますが、こちらも神話作成と同じく回収は見込めません。他のことが全て終わった後の道楽と考えましょう。狙い目は村の状況によって変わりますが、全体供給や交易所、銭湯の収益などはほとんどの場合で役立つでしょう。

メンバーのシナジーを意識する

メンバーは、雑に置いてもとりあえず効果はありますが、シナジー、相乗効果を意識するとさらに効果的になります。収入は供給と収益の乗算で決まりますから、全施設を平均的に強化するより、一つの施設に多量のバフを注いだほうが効果が高いということです。

なので、同じ施設に対して効果が重複するメンバーを供給2,3の収益3~5名程度配置すると、総収入を最大化しやすい傾向にあります。1つの施設の供給を高めすぎてもそれを満たす客を集めるのが難しいですし、スキルがない施設での余剰客が無駄になりすぎるので、基本はこの程度の主力メンバー比で、残りをその他施設の供給メンバーにすると良いでしょう。

よく使われるのは供給にルーラ、収益にシュミットを配置した型です。エキスパとノービスなので集めやすく育てやすく、育てやすいにもあ変わらず収入もトップクラスで初心者向けです。この型では銭湯と広場でシナジーが期待できます。あとはヘックス、セリア、プネーフあたりを1人ずつ入れると良いでしょう。特にヘックスとシュミットでも2施設のシナジーがあるため、余裕があればヘックス2人目を導入しても良いかもしれません。ただしヘックスはエリートなので育てにくいです。

供給にヘックス、収益にアリンを入れると3施設シナジーとなり、更に高収入が期待できます。ただしエリートを大量に用意する必要があるため準備が難しく、投資回収も困難となるでしょう。ランキング上位を目指すならこの型が主軸となる事が多いです。残りのメンバーはヘルティンやセラカン、ルーラなどが向いています。

ルーラ-シュミット型10凸0爵位に高級荷車持たせるだけでも収益4500くらいは簡単に行きますし、ダンジョンとモンスター調節を頑張れば4800までは届きます。基本はここまで上げればそれ以上育てる勝ちはないでしょう。それ以上は投資回収不可な領域に入ります。

訪問客のランクを意識する

開放村Lvや利用料でわかるように、施設にはランクがあります。

同様に訪問客にもランクがあり、上位の訪問客ほど上位の施設を訪れ、下位の客は下位の施設にしか行かない傾向があります。具体的にどの施設に行くのかは、該当客がいる状態で村の現在の状態を開いてタブを切り替えるとわかります。

つまり、上位の施設を建てても上位の客が来なければ意味がないわけです。逆に上位の客に特化させすぎても、下位施設に人がいなくて逆に収益が減ってしまうことがあります。

上位の客は上位のモンスターやダンジョンで呼び込むことができます。上位のモンスターを捕まえたりダンジョンを建てるためには探索や戦闘メンバーが重要となるため、村だけを育てていても収益は上がりません。バランス良く進めましょう。

特殊施設を建てる

毎ターンゴールドを生産するタイプの特殊施設は、基本的に同ランクの通常施設よりも高収入ですので、通常施設よりも特殊施設を建てたほうが実質的に高収益になる事が多いです。ただしメンバーのバフが強ければ通常施設のほうが良いこともありますし、雑にやってもある程度の収入にはなる通常施設と違い、特殊施設は0か1であるため客の厳選が必須になります。

特にムーンストーンの特殊施設はお金でどうにかできないものなので重要ですし、進化石もオークションで購入や販売することを考えるとほとんどすべての通常施設より高収入になりますし、イベントで遠征チケットに変換することを考えて短縮券を重視する人もいます。張り付く時間が長いなら探索ゴールドアップの施設もかなりの収入となります。

ただし、特殊施設による収入は、直接的なものも間接的なものも全て、ターン収入には反映されません。このためランキング上位を狙うのであれば、実収入を犠牲にして特殊施設を一切建てず、通常施設だけ建てる必要があります。

通常施設を切り捨てる場合、基本的には最低ランクで低収入な武器屋や防具屋、旅館、雑貨屋が選択肢になるでしょう。特に武器屋は有力なバフがかかりにくい(対象がプネーフとハイアント)ため有力なリストラ候補となります。刑務所やカジノ、宮廷金庫と王宮も、最上位モンスターを持っていないとまともに可動できないため、序盤中盤のリストラ候補として有力です。特に刑務所は客を集めるのが大変で稼働しにくいです。

上位のダンジョンを確保する

集客可能な合計人数はダンジョンのランクごとに決まっています。またダンジョン自体が集める客のランクもダンジョンのランクと比例します。

ダンジョンのランクは細かく分ければいろいろあるものの、大雑把には進化段階(古代や伝説など)と同じです。ただし同じ古代であっても、最下級が一般のダンジョンを古代に育てたものの、希少から育てたもの、最初から古代のものでそれぞれ違い、最下級ランクが高いダンジョンほど多くの客を呼び寄せられる傾向にあります。

また要塞(ダンジョンの上位版)の場合は属性によって明確に分かれており、光であれば+1、森であれば+2ランク相当となります。例えば火伝説と森希少は同格です。

高ランクなダンジョンほど多くの人を呼び込めるため、供給スキルが十分に働いた場合の伸びしろが大きくなり、間接的に増収に繋がります。

なお現状で最も人を呼べるのは不滅ダンジョンですが、これは特定のイベント中にしか出現しないためイベント終了後にはすぐに枯渇してしまいます。収益ランキング上位を目指すならある程度不滅を活用する必要がありますが、産出品が得られないため実収益はかなり下がります。どこまで実利を取るかで不滅を残すかどうか選んでください。またいくら不滅が多人数とは言え、全て不滅にしたりすると一部施設に客が集中しすぎ、逆に低収入になってしまうことも多いです。

グラフを見る

村で右下の「現在の状態」ボタンを押下すると需給グラフが見れます。このグラフを元にモンスター配置を最適化しましょう。棒グラフが供給、折れ線グラフが需要です。

つまり、折れ線が棒より高いか、ぴったり重なると理想的な収入になる可能性が高いということです。

もし供給が需要よりも低い施設があるのであれば、その施設のLvUPや、その施設の供給スキル持ちメンバーを追加や強化してみると良いでしょう。逆に高すぎる供給を調節するため、その施設に来ている客のうち多すぎるものをリストアップして、それを呼ぶモンスターを外して別のものに入れ替えるのも手です。

逆に需要が供給より低いのであれば、その施設に訪れる客を呼ぶモンスターを増やしたり、その施設を壊してもっと稼げる施設に入れ替えたりしてみると良いでしょう。

収益受領画面でどの施設がどれだけ稼いでいるかを見ることもできるので、慣れてきたら稼いでいる施設のグラフを重点的に調節したり、更に伸びるように収益スキルを強化したりすると総収入が上がりやすいです。

また、供給スキルはメンバーごとの5種セットですし、その全てが収益スキルとかぶるわけではありませんから、必ずしもすべてのグラフをぴったりにするのが最適解とは限りません。収益スキルとのシナジーがある部分に注力して、残りの部分はある程度無駄になるのを覚悟したほうが稼げるということもあります。またグラフの右にある施設ほど高ランクで基礎収益が高い、しかしスキル補正次第では一部逆転することもあるという点にも留意する必要があります。

どうせ毎週のコンディション変更で、あるいは毎日のダンジョン建て替えでグラフは細かく変化しますから、無理にこだわるよりもそれなりのところで調節を終えて他のことをしたほうが結果的に稼げるという場合も多いです。時間は有限ですので、ランキングを目指すわけでないならこだわり過ぎもよくありません。

モンスターを調節する

ダンジョンへのモンスター配置画面で詳細情報を見ると、左上に「訪問者数45/42」などと書かれているかと思います。

この分母がダンジョンごとの上限で、分子は現在セットされているモンスター+ダンジョン基礎値による集客人数の合計です。これが40/42であれば単純に40人来るだけですが、45/42の場合は45人来るわけではなく、42人だけ来ます。この時捨てられる3人は来る中で最も上位の職3人となります。

詳細画面の一番左の枠がモンスター+ダンジョン基礎値合計による集客状況ですが、このリストを一番下までスクロールして、
・都市評論家1
・税金徴税官3
・海賊2
となっていたとしたら、3人のうちまず2人が一番下の海賊で満たされ、残りの1人が税金から減り、最終的に村に来るのは都市1税金2+リスト上部の客になるということです。

組んでいくと、海賊はもういっぱい来てるからいらないんだよなぁ、などとなることもあると思いますが、そんなときにコンディションの悪いモンスターを入れて数人だけ客を増やせば、不要な上位客を追い出すといったことも可能です。

客の偏りがありすぎても逆効果になることがあるため、必ずしも高レベル高コンディションのモンスターを入れればいいというわけではないことに注意してください。それなりに稼ぐなら上位神話と一部伝説混ぜ程度でも十分対応できますが、しっかり稼ぎたいなら古代などの下級モンスターも混ぜて調節する必要があります。

  1. 2018/10/29(月) 10:13:19 ID:902dc28f

    初コメですがいつもお世話になっておりました。
    ツイを見るに忙しそうですが、紅白霊について何か解説的なものがあれば読みたいです。
    記事内容と直接関係なくてすみません。。

    返信
    • admin 2018/11/02(金) 17:50:08 ID:9a83da85

      コメントありがとうございます。
      一応プレイは続けてるのですが、なかなか時間が取れず……。
      現状では冬コミが終わったら少し余裕ができると良いなぁと考えています。とりあえず冬コミに新刊間に合わせないといけないので。

      返信